石狩新港で24時間釣りしてみた(石狩新港の釣りポイント)

港の立入制限区域について

【立入制限区域外の施設利用(釣りなどのレジャー)について】
立ち入りを制限していない施設については、海面に近いことから、転落の可能性等を考慮し、安全に十分配慮してください。また、周辺の道路への路上駐車により、港湾利用者からの苦情が多く寄せられています。マナーを守った施設の利用をお願いします。石狩湾新港は港湾物流のための施設であり、釣りや水上バイク等のレジャーを楽しむために造られた施設ではないことを十分ご理解いただいた上で、立入制限区域には立ち入らないこと、ボート等で航路・泊地に進入しないこと、港湾利用企業等の経済活動を妨げないこと、バーベキューやたき火・花火、タバコのポイ捨て等の火の使用を行わないこと、ゴミは持ち帰るといった最低
限のルール・マナーを守っていただき、安全に利用してください。※ただし、港湾荷役や工事が行われている場合は、立入禁止となります。

~Q&A~
Q:釣りはどこですることができますか?
A:石狩湾新港では釣り用として開放している施設はありませんが、樽川プロムナード、中央西
海浜、花畔ふ頭駐車場は一般に開放されている施設です。いずれの施設を利用する場合も、転落
防止などの安全に配慮し、バーベキューやたき火・花火、タバコのポイ捨て等の火の使用を行わ
ない
ことや、ゴミ等は持ち帰ること、及び路上駐車をしないなどのマナーを守って利用してくだ
さい。

Q:立入禁止区域に立ち入った場合は、処罰されますか?
A:立入禁止区域への立ち入りについては、軽犯罪法違反で検挙されます。転落死亡事故も発生
していることから、安全確保のため、警察等と連携し対応しています。

港の立入制限区域について

2022年6月11日

根掛かりが多いよ。花畔ふ頭

釣果情報によると、マメイカがよく釣れているとのことで今回は仕事帰りに夜の20時から花畔ふ頭駐車場からスタートしてみた。

港内は人が多くて入れる隙間が無かったので、階段状の護岸で塩イソメを餌にちょい投げをしてみるが、根がかりと寒さで即、移動。

結局、いつもの望洋橋。

このときまでは不思議だったのだが夜の望洋橋は人気が無く、誰も居らず貸し切り。

ここで仕掛けを遠投してみると気づいた。

あまりにも潮位が低すぎる。
多分くるぶし辺りまでしか無い潮位になっていて、こちら側は干潮になるとかなり浅くなってしまうようだ。

一応、上潮の時間帯ではあったので様子を見る事にした。

全く当たりも来ず暇だったので、周辺を散歩兼ゴミ拾いをしてみたら、錆びついてないプライヤーとブラーを拾った。

石狩新港でゴミ拾いをすると高確率で新しめの仕掛けやオモリが拾えるので、宝探し感覚でゴミ拾いをすることが多いが、プライヤーを拾えたのは儲けモンだ。

その後も当たりを待ったが、釣れたのは手のひらサイズのヒトデのみ。

結局何も釣れないまま、時刻は深夜2時を回ってしまった。

身体も冷えてきたので橋から少し離れた散歩道脇で野宿することにした。
今日は、ツエルトしか持ってきていなかったが無風なので着込んでいれば温かいくらいだったので、ゆっくり休めそうだ。

石狩新港で釣ったヒトデの管足の観察

マメイカ釣りシーズンは人が多すぎる

七時起床。寝すぎた。

私も今日こそ、マメイカ釣りをしたかったが案の定、東埠頭の方は人が多そうなので、仕方なく望洋橋でカレイ狙いで投げ釣りをすることにした。先行者は反対は2組居たが、いつもの定位置は1名だった。

昼頃から向かい風が強くなり、雨も降る予報だったので出来れば何かしらを釣って早めに温泉に行って上がりたい。

引き続き、塩イソメで投げるもヒトデのみ。

9時頃に、どうしてもマメイカを狙いたくて、一度その場を片付けて東側を散策してきたが、全く釣座は空いておらず、朝市の奥まで行くも隙間がない。

仕方なく先程の望洋橋に戻ってきて、塩辛でちょい投げをしてたら当たりもなく仕掛けを上げたらギンポが掛かっていた。

隣はホッケやらカレイやらを上げている。

距離的には隣のおっちゃんとおんなじところに投げてるのにこっちには来ない。。。

やっぱり塩イソメだと食いが悪いのだろうか。。。

近くの釣具屋で買ってこようかとも考えたが、塩辛もサバも残っていたので消費しきってから餌の追加は考えることにした。

予報通り、雨と風が出てきたので一時撤退することにした。

港湾区域外まで移動して昼飯を作る。

昼飯は米を炊飯して即席でできるガパオライスと、先ほど釣ったギンポを味噌汁にした。

初めて食べたギンポは適当にぶつ切りにしてインスタントの味噌汁に入れただけだったが、骨も柔らかくて身が締まっていてうまかった。

どうやら天ぷらが一番美味しいらしいので、今度釣れてくれたときは天ぷらにしてみたい。

ギンポの味噌汁。骨も柔らかくて美味しい

後半戦はブロムナードでライトゲーム

手のひらサイズのガヤ

腹ごしらえも済ませて、14時にブロムナードへ移動してきた。

ブロムナードの駐車場もびっちりで大人は投げ釣りやサビキ、穴釣りは親子連れが楽しんでいるようだった。

私は先端のモニュメント付近まで行って仕掛けを投げてみたが、ぶらーや自作のリグが速攻で藻屑になった。自作仕掛けはともかく、ブラーが減ったのは痛い。今日だけで2つ無くして一つ拾ってる。

リグ系は藻に絡まってしまったラインに絡まってロストすることが多かった。PEの2号を巻いているので引っ張ったらゴミごと抜けてくれる事も何回かあったが、その回数が多すぎて全く釣りにならない。

頑張って何度もブラーをキャストをするも当たらず。餌が悪いと思って塩辛を中心に投げるもだめだった。

辺りは暗くなりつつあって、そろそろ帰ろうかとも考えたが、それでも餌がなくなるまで粘ってみることにした。

駐車場側に戻りながら投げていると、

細い海藻から昆布に変わるところがあって、そこでようやくメバル、アイナメがようやく釣れてくれた。

15センチくらいのメバル

大きめのメバルを3匹、あと中型のアイナメを連続で釣れて最後は楽しめた。

針を飲み込んでしまった魚を中心に持ち帰ることにした。

塩辛だと小物。塩サバにすると型が良くなったのだが、餌の違いもあるのだろうか。

納竿したのは19時だったが、少し道に迷いつつ帰路についてしまったので帰宅できたのは結局21時になってしまった


実食

今回はメバル尽くし。

メバルの塩焼きは意外と身がホロホロで味が濃い。

アイナメは小さいからか脂質は少ないが美味い。メバルもいつも通り身が柔らかくてうまい。

どのメニューもメバルは高級魚なのも頷ける。

以前まではメバリングなんて。。。とバカにしていたところがあったが、
味よし引き良しの信頼と安定のメバル。タックルも感度が良くなったので楽しかった。

24時間釣りをして良い成果も出なかったが、ボウズ逃れのガヤ先輩のお陰で満足できる休日となった

もくじ