Wolt /ウォルトのエリア拡大!さあ次の都市はココだ!

Wolt /ウォルトって?

改めてWoltって何?

というのを説明すると

  • 日本では広島からスタートし、札幌は二都市目
  • フィンランド発のデリバリーサービス
  • Google Playでは5点中4.6点をつけ、フード&ドリンク部門で1位となっている。

今すぐWoltに登録!

コードQE6S8を使って、750円割引クーポンをゲットしよう!
https://get.wolt.com/QE6S8

わたしの街にもWoltが来てほしい!

少しずつ日本にも浸透してきている、
北欧発のフードデリバリーサービスWolt

店舗数もだんだんと増えて、配達エリアも拡大して上り調子に見えます!

ユーザーにも高評価のようです!


デリバリーパートナー側としては大変うれしい内容ですが

あらゆるデリバリーサービスとの比較で評価されているというのは肝に銘じて

これからもサービス向上に努めて行きたいですね!


次はどこの都市にエリア拡大するの?

これまでWoltが進出した都市の特徴をみていきましょう!


Woltが進出している街のポイント

広島、札幌、仙台などの街に共通するポイント

  • 自転車が走りやすい道路
  • 平坦な土地になっている

この二点が重要なポイントになります

広島や仙台であれば、自転車専用レーンがあります

札幌であれば、道路が広いので走りやすい道路になっていますね

配達区域の土地の特徴も似ていて、どちらも

平坦な土地で道路環境が良いというのがポイントのようです


求人サイトの情報

こちらはWolt の各国のサポーター業務を請け負う求人ページです

こちらを見ると

  • 札幌
  • 仙台
  • 広島

現在(2020年8月)までに、エリア展開した都市に加えて

  • 東京
  • 岡山
  • 松山
  • 大阪
  • 福岡
  • 名古屋
  • 横浜

以上の未展開の、日本の街が記載されています


個人的!次にWoltが来る街を大予想

個人的な予想ですが

名古屋、岡山、松山などの都市は

エリアがこじんまりしていて、
パートナーは働きやすそうな碁盤の目に近い町並み

提供レストランの準備ができ次第というような雰囲気があります


Woltが来るのが難しそうな街は。。。

一方で

東京や横浜、大阪などの都市は

お店や人口も多くて魅力的ではあるのですが、

エリア展開が複雑になりそうだったり、

道路状況があまり良くなさそうな印象です。。。

まとめ

Woltの特徴として、素早い対応をしてくれるサポーターがいる

というのが他のデリバリーサービスとの違いです

つまり、サポーター確保してから配達員を募集していく流れになるでしょう。

そして、
Woltの成功例は

スウェーデンのストックホルム、フィンランドのヘルシンキなどの北欧です

それらの街並みを地図でみると、放射線状に建物がきれいに並んでいるのがわかります

おそらく、

「きれいに建物が並んでいる」
「ヘルシンキの町並みに似ている」

という特徴を持った広島を最初に選び、

建物がきれいに升目上に並んでいる札幌

そして、駅を中心に建物が並んでいる仙台
次にエリア展開していったのではないかと想像します

皆さんの街でもWoltが展開していくといいですね!

副業が欲しいなら。。。

今すぐWoltに登録!

コードQE6S8を使って、750円割引クーポンをゲットしよう!
https://get.wolt.com/QE6S8